SHARING OWNERSHIP SHARING OWNERSHIP

不動産小口化商品

「シェアリングオーナーシップ」は、
優良不動産を小口化して複数人でシェアすることで、
手軽に不動産投資のメリットを得ることができる、
プレミアムバリューバンクが提供する
任意組合型商品です。

ABOUT "SHARING OWNERSHIP"

Create your Portfolio

新たな価値を創造し次世代へ
継承する

プレミアムバリューバンクが提供する任意組合型商品

不動産特定共同事業法に基づく不動産小口化商品、それがシェアリングオーナーシップです。
良質な不動産を1口250万円単位で所有できる購入しやすい資産商品であり、相続・資産継承に有効活用できることから注目を集めています。

共同出資型不動産「シェアリングオーナーシップ」

不動産特定共同事業法とは

不動産特定共同事業法とは、投資家の保護を目的に1995年4月に制定された法律です。シェアリングオーナーシップは、この法律に基づいて商品化したものです。同法では、次のようなことが定められています。

許可制
不動産特定共同事業を行う事業者は、国土交通大臣又は都道府県の許可が必要です。その許可要件には次のようなものがあります。 良好な財産的基礎、構成かつ適確に事業を遂行できる人的構成を有すること、等。
業務規程
不動産特定共同事業を営む事業者は、投資家に重要な事項を説明する契約成立前の書面交付や、財産管理報告書の交付等、さまざまな業務上の規定を遵守する必要があります。

シェアリングオーナーシップの特徴

FEATURE

  • 購入しやすい

    undefined

    250万円から、特定の不動産を共有持分としてご購入いただけます。

  • 資産運用

    undefined

    賃料相当額の分配金を定期的に受け取ることが可能で、さらに、売却の際の収益も見込めます。

  • 相続・資産継承

    undefined

    実勢価格と相続税評価額は差が大きいため、相続・贈与時に資産として大幅な圧縮効果から税負担を軽減でき、また1口ごとに分割できるので、平等な相続に柔軟に対応できます。